吉祥寺・練馬にあるRISEグループ「Above the beauty island」は お客様の“ワガママ”を叶えるトータルビューティーサロンです。

Blog

  • 吉祥寺店
  • お知らせ
  • 2019.01.10
  • 吉祥寺店news
  • 大泉学園店news
  • イメージチェンジ
  • スタッフブログ
  • たぼがみけいすけ

【ヘアドネーション】髪の毛の寄付 お手伝いします。

こんにちは。吉祥寺店 店長の田母神(たぼがみ)です。

 

田母神ってどんな人? 自己紹介は↓↓からどうぞ。

 

吉祥寺・練馬にある美容室(美容院)「アバーブザビューティーアイランド」

 

 

各メディア 気軽にフォローして下さい☆

 

 

個人ブログ

 

Instagram

Instagram

 

Twitter

 

 

 

はい、どうも吉祥寺店店長の田母神です。

 

日々カットしまくっております。

 

さて皆様 “ヘアドネーション”はご存知でしょうか?

大分認知されてきましたが改めて・・・

 

そもそもヘアドネーションってなに?

 

ヘアドネーションとは

脱毛症や乏毛症、小児ガンなどの治療や外傷等、何らかの事情で「頭髪に悩みを抱える子どもたち」に、ヘアドネーションによる献髪のみで作ったメディカル・ウィッグを無償提供することで「社会性の回復」をサポートし、子どもたちの未来を守ることを目的としています。

 

「メディカル・ウィッグ」は、厳しい基準をクリアした「JIS規格適合品(JIS S9623)」にのみ許された名称です。
JHD&Cではメディカル・ウィッグに使用する毛髪の長さを「31cm以上」と定めています。この長さは、頭をすっぽりと覆う全頭用ウィッグに用いる毛髪の世界的な基準「12インチ」をセンチメートルに換算した数字です。
「メディカル・ウィッグ」についての詳細はこちらをご覧ください。
「日本毛髪工業協同組合」

31cm未満でも、シャンプーやトリートメント剤、カラー剤の開発に不可欠な「評価毛」として、また美容師さんが練習で使うカットマネキンの素材として転売することで役立てています。これはウィッグ製作費の一部になります。

軽く引っ張っただけで切れてしまうほどの極端なダメージがなければ大丈夫です。

年齢や国籍、性別、髪色、髪質は問いません。クセ毛やグレイヘア(白髪)でも問題なく使用できます。

JHD&Cとは?より引用

 

 

 

つまり、長い髪の毛をバッサリ切ったら、捨てずに医療用ウィッグにして子供に寄付しよう! という素晴らしい取り組みです。

 

Aboveでもこの“ヘアドネーション”のお手伝いをさせていただいてます。

 

 

スーパーロングのお客様を

 

 

 

バッサリとショートボブに!

 

 

他にも

 

 

 

 

 

 

 

みなさん気持ちよ〜くスーパーロングからボブ・ショートにスタイルチェンジ。

 

そして切った髪の毛は

 

 

しっかりと束にして、NPO法人の事務所までこちらで大切に発送させて頂きます。

 

 

あなたの髪の毛がボランティアになる

 

捨てるだけだった髪の毛が誰かの役に立つ。本当にステキな事だと思います。

 

「次カットするときはバッサリ切ろうかな・・・」

 

そのときは是非“ヘアドネーション”を検討してみてくださいね。

 

 

 

 

よろしくどうぞ

 

ではでは

 

創業 祝10周年特別企画 大抽選会開催
簡単ネット予約