Blog

  • 吉祥寺店
  • お知らせ
  • 2017.11.19
  • 吉祥寺店news
  • たににん

【美容師さんに見てほしい☆】練習好き派?嫌い派?

全国の美容師の

みなさんこんにちは

たににんです☆

 

 

たににんはこちら

 

美容師といえばいつも夜遅くまで明かりがついていて、一体何をやっているのかって思われています。

 

それは技術などの練習をしています。

 

そりゃ技術職ですから練習して腕を磨かないとどんどん質が悪くなっていくものですから、当然といえば当然。

 

しかし現在。その練習さえもなにかと問題になる世の中であることも否めない。

 

周りから「遅くまでえらいね」「頑張ってるね」「尊敬する」とか言われたりする反面、

 

「可哀想ねぇ」「労働基準って」「効率悪くない?」なんて言われたりもしたりしなかったり。

 

もちろん美容師側からも色んな意見が飛び交っている現在です。

 

練習しないサロンや終電過ぎてもやるサロン様々です。これもまた正解のない物事です。

 

そこで美容師さんに聞きたい。

 

「あなたは練習好き派ですか?嫌い派ですか?」

練習量の基準なんてないから結局好きか嫌いかで判断するしかないのですが、

 

ちなみに僕は「嫌い派」です。

 

だからって好き派を否定するつもりはないです。ウチのスタッフも本当によく練習してるし、それは必ず結果として現れているので。(汗)

 

でも僕は「嫌いです」

 

子供の時からプラモデル作るのが大好きだったんですが、とにかく早く作りたいって欲求が強すぎて、「説明書」とか見るの大嫌いでした。

その結果どうなるかというと、もちろん失敗します。必ず。しかも毎回。せっかく買ってもらったり、自分でお小遣い貯めて買ったのも水の泡。

 

絶望です。落ち込みます。当然もう二度とこんなことにならないように考えます。

 

 

よって説明書読みます。しかも熟読するし、イメトレもします。

 

僕の中ではこの説明書と練習は少し似ていて、物事を成功される為に必要な手段だと思っているから説明書読むし練習もします。

 

本当は練習なんて嫌いだし、仕事終わったら帰りたいし、早く寝たいし、お酒も飲みたいし、筋トレもしたいし、マンガも読みたいし、映画もみたいけど、

 

お客様に素敵なヘアスタイルを提供する為には、どんな方が来ても対応できる美容師になる為には、万が一の技術ミスを防ぐには、人に教えられるようになるためには

 

練習が必要なんです。

 

 

だから練習するんです。いつもお客様を想像しながらイメトレしながらやるんです。

 

時間や量の問題ではなく考えながら練習する。ってのが大事だなぁと最近は感じています。

 

つまり、

 

嫌いだけど絶対大事!

 

好き派の意見お待ちしてます。

 

 

 

 

 

 

Recruit リクルート 求人情報 中途採用
簡単ネット予約