Blog

  • 吉祥寺店
  • お知らせ
  • 2018.02.19
  • トリートメント
  • 大泉学園店news
  • Above.hiroyuki.sato

結局髪に良いのは「洗い流すトリートメント」か「洗い流さないトリートメント」どっちか

こんにちは。美容室Above大泉学園スタイリストの佐藤浩行です。

 

 

お客様にたまに聞かれる内容ですが、

 

 

 

 

結局髪に良いのは「洗い流すトリートメント」か「洗い流さないトリートメント」どっちか

 

個人的な見解もありますが、

髪の内側からしっかりダメージケアをしたい場合は

 

 

 

 

 

洗い流すトリートメントが大切です。

 

髪のキューティクルは濡れていると開く性質があります。

なのでキューティクルが開いている状態の方がトリートメントの成分が入りやすく、

髪の内側を補修しやすいからです。

 

美容室で行うトリートメントで洗い流さないトリートメントコースがないのは洗い流すトリートメントの方が効果的だからです。

 

 

 

では洗い流さないトリートメントをつけるメリットは何か、

 

 

 

 

洗い流さないトリートメントを使う意味は

 

洗い流さないトリートメントは主に髪の表面の保護質感の調整をしてくれます。

 

乾燥や紫外線のダメージから守ってくれることと、サラサラやしっとりとした質感などを演出してくれます。

 

 

 

 

 

お顔の肌で例えると

 

洗い流さないトリートメントはお顔の肌を綺麗に見せるためにする化粧であり、

洗い流すトリートメントはお顔の素肌を内側から綺麗にするための栄養豊富な食物

 

 

そう考えると化粧品の内容成分や食べ物の栄養素を気にすることと同じで

 

 

 

髪も感触や艶、質感を綺麗にする為にはトリートメントの質や内容成分も大事です

 

 

 

 

結局のところ

 

洗い流すトリートメントも洗い流さないトリートメントも髪を綺麗にする為にはどちらも大切なので

 

両方とも使うのがやはりベストです。

 

 

 

 

 

指通りがよくサラサラな髪の方が気分も良いです。

綺麗な髪にしていきましょう。

 

 

 

 

美容室Above大泉学園スタイリスト佐藤浩行

 

Recruit リクルート 求人情報 中途採用
簡単ネット予約